ふたりの独歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R.U.S.Eを買った後にすること-Super Pershingアンロック編-

前回に引き続き、R.U.S.Eを買ったばかりで何したらいいかわかんない!って人向けに紹介。なお、あくまでPC版を対象としていますので、CS版やってる人は参考になるんだったら参考にしてください。

2.Super Pershing戦車をゲットする。
なんじゃそりゃと思った皆さん、まぁ聞いてください。
このゲームには、Pershing(パーシング)というごっつい強い戦車が出てきます。Super Pershing(スーパーパーシング)ってのはその進化系つまりものごっつい強い戦車と言えばおわかりかと思いますが、なんと買ったばかりの状態では使えません。俗にいう「アンロック」を行う必要があります。
で、肝心のそのアンロック方法なのですが、実質上、初回のキャンペーンをクリアするだけという簡単なもの。
これもゲームによっては何時間も何十時間もプレイしなければならず、「俺始めたばかりの初心者なのに先人より弱い武器もって戦わなきゃいけねーのかよ...」なんて萎えることはさせません。さすがUbisoftさん。皆感謝するんですよ。





これでクリアになりますので、後はR.U.S.E起動後、Uplay→Win→Rewards→R.U.S.E→Super Pershingの順に進み、unlockしてください。

基本的な作業は以上です!ささっとやれば初心者の方でも15分かからないと思います。
後はマルチで遊ぶもよし、引きこもってAIと遊ぶもよし、好きにしてください。(個人的にはマルチプレイしてほしいけど)

スポンサーサイト

R.U.S.Eを買った後にすること-設定編-

R.U.S.Eを買ったばかりで何したらいいかわかんない!って人向けに紹介。なお、あくまでPC版を対象としていますので、CS版やってる人は参考になるんだったら参考にしてください。

1.設定を調整する。 起動画面→MY R.U.S.E→MY OPTIONS
不慣れな環境や間違った設定のままではなかなか上達しないので、まずは設定を確認しましょう。ゲームによってはこの作業に時間を取られる場合がありますが、R.U.S.Eに関しては設定項目が少ないのでとても楽です。10歩さえ譲れば、デフォルト設定のままでも遊べるぐらいに簡単です。皆Ubisoftに感謝するんですよ。
しかも僕の設定を貼り付けておくので、面倒な人はこの通りに設定しておけば差し当たって不利にはならないと思います。僕に感謝するんですよ!!!

1-1.全体の設定

全体設定1←全体の設定1
全体設定2←全体の設定2
全体設定3←全体の設定3

Sticky selection :ユニット選択後も、フォーカスをそのユニットに合わせ続けます。(再度の操作がしやすい)
Mouse button selection :決定ボタン(デフォルトは左クリック)
Show hotkeys :hotkey(ショートカットキー)を表示します。
Automatic fire on building :ユニットが自動的に敵軍、敵施設を選択し、攻撃を行います。
Mouse trap :たしかマウスが画面から出ないとかそんなんだったはず。
Show Production Menu :base建設・ユニット生産バーを表示し続けます。
Joystick :パパパパットでRTS(嘲笑)
Show subtitles :字幕表示
Language :言語選択
Audio Language :音声言語選択

Sticky selectionと、Automatic fire on buildingは、状況によってOn/Offをスイッチする必要があると思います。
なお、hotkeyの編集はできません。デフォルト状態で遊んでください。(どうしてもって人はAutoHotKey等で調整してると思いますが。)

1-2.音の設定
音設定1←音の設定1
音設定2←音の設定2

Master Volume :マスター音量の設定
Music Volume :BGM音量の設定(FPSみたいにoffにする必要は無い)
Voice Volume :交信音の音量(攻撃を受けた時や生産完了時などの報告。ONでもいい。)
SFX Volume :効果音(戦車の移動音、砲撃音、爆撃音等)
Dynamic Range Compression :音量の自動調整
Voice Chat Reception volume :内部VCの受信音量
Voice Chat Mute all :内部VCを受信しない(チェック=受信しない)
Voice Chat Push to talk :ボタン押下で内部VC (チェックを外す=常にON)

音に関して気をつけることは、このゲームは「Alt」キーを押すと内部VCが自動でON/OFFを繰り返します(toggle)ので、タスクマネージャー開いたら知らない間に内部VC入ってロビーに筒抜けなんてことも。フレンドと話しながらプレイするときは、お互いゲーム内VCを聞こえるようにして、注意し合いましょう。(=Voice Chat Mute allをチェックしない)

1-3.画面の設定
基本的にパフォーマンス最優先の設定です。重要項目のみの解説。

画面設定1←画面設定1
画面設定2←画面設定2
詳細画面設定1←詳細画面設定1
詳細画面設定2←詳細画面設定2
詳細画面設定3←詳細画面設定3


Texture Quality :ユニット描写。Lowestにするとトラックが見え辛くなるので注意。
Clouds :雲の表示。雲が邪魔でゲームプレイに支障が出るので、チェックを外してください。

その他はゲームプレイに影響が無いのでPCスペックさんと相談して決めてください。
続きは後日!

【R.U.S.E】動画投稿しました。

年末にR.U.S.E動画を投稿していましたので宣伝しておきます(下)。

相手になってくれたチーム{JA}についてもう少し紹介しておくと、まず彼らのbossはHades君という中国嫌いのベトナム人。彼はなかなかプレイ歴も長く、英語が使えて押しの強いキャラなので交流範囲も広いから、「Hades?ああ知ってる知ってる」っていう外国人も多い。
彼は別にゲームしてないOnline状態なのにゲームに招待してきたり、僕がl4d2でcoopやってたら勝手に入ってきたり、(RUSEの)大会にも積極的に参加したりとそれはそれはアクティブな奴なんだけど、肝心の腕のほうはトップクラスのプレイヤーと比べると一枚劣るどころか毎回三枚おろしにされてしまっているレベルなので、今後僕の動画に出てくるとしても噛ませ役ぐらいにしか務まらないでしょう。いい奴なんですが。。。

{JA}でもっとも注意すべきプレイヤーはフランス人でクリスチャンのAquila先生で満場一致だと思う。どれぐらいかっていうと、僕が先生をつけるのは彼の他にnyanko先生とNUのSWIFTぐらいといってもわからないだろうけど、つまり結構やべええってこと。流石R.U.S.Eの本場ッス。

まぁ実のところは、{JA}で上手いプレイヤーがAquila先生しかいないから相対的に上手く見えてるだけで、別に飛びぬけて上手いわけではないのだが、彼の存在だけで{JA}がギリギリ中堅(個人的見解です)にランクインしているので、まぁすごいよねってことでそう呼んでいるのだ。

その他の{JA}メンバーは知らない。もう2vs2クランに方向転換すればいいのに。




ちなみに、PCも新調したので大きくスペックupしています(回線以外)。
マザボのソケット折っちゃって買い換えたのは秘密だよっ!

お久しゅうございます。

存在を忘れてたってわけじゃないのですが、あまり構っている余裕が無かったので更新停滞していました。

早速ですが宣伝を3つ。

1.gappo3のブログができてます! http://gappo3.blog.fc2.com/

すっかりTF2に馴染んでいる感じがしますね。昔一緒にプレイした間柄として、彼にはモラトリアム期間を後悔すること無く使って欲しいです。

2.gomiさんのブログができてます! http://blog.livedoor.jp/moenaigomi_/

内容ビックリなアニメブログだけど、それ以上に日本語書けたことにビックリだ。

3.R.U.S.E動画投稿してます。

最新版は以下。最近は結構動画編集で忙しかったり。



それと、昨日の事なんだけど、某所でwajestyさんが「強いクラン」について呟いている禁則事項のを某人がリツイート禁則事項してたのを見た。以下勝手にだけど引用。

[クラン長く続けたほうが勝てるって言われるのは長くやれば「嫌でも」行動基準が似てくるからだと思う。でも最初からお互いの考えをガツガツ言い合っていけばそれより遥かに早く強くなれると思うんですよ。大体のクランは関係維持からそういうのを拒むだけで。
で、結局ガツガツ言い合いたい人ってのは相手の意見を取り入れる心の準備ができてるわけで、関係が崩れるってのは都市伝説なんですよ。もし崩れたらそれは言い合いたいのではなくて言いたいだけの人。]


どうやって「強いクラン」を作るかってのは、l4d2辞める頃までは必死になって考えてたけど、R.U.S.Eに来てから殆ど考えなくなってしまった。それは何故なんだろうってのを含めて考えるのをストップしてしまっていた。

昨日、それじゃいけないと思わせてくれたwajestyさんに、2012年ベストツイート賞をプレゼントしたいと思います。(賞品特にないけど)

.WHOEiZz杯

R.U.S.Eの世界大会が開催されたので、REAとしても参加しています。
某動画サイトに全試合を投稿しようと企んでいますので、世界のレベルってどんなものなんだろーと興味を持った方は、是非ご覧下さい。

しかし、もともと主催者兼海外No.1クランの代表という立場にある.WHOEiZzが所謂「俺tueeee」をしたかったのが開催理由の9割方を占めているせいか、初戦は予想通りお察しのレベルでしたので、nyanko、kagetoraという日本の双璧を抱えている我がチームの実力を十二分に発揮できる回数は少なそうです。

それどころか、出場メンバーのdemoを見ていると、R.U.S.Eというゲームの「性質」を把握することが、ここまで疎かにされていたのかということに愕然としています。

もっと残念なのが、この大会レベルのプレイヤーより上手な日本人となると、両手で数える程度にしか居ないだろう、ということです。

今回の世界大会は、狭い狭いR.U.S.E界に、「ダメな試合」と「良い試合」の差を、明確に理解させてくれるチャンスだと思っています。今まで投稿した動画の中で、まだマシなプレイをしているのはNo Unitぐらいです。
もっとも、それでもSMGのリーダーであるsteve君に、試合後「(俺のチームは)あんなnoobに負けやがって...」と言わしめた程度のマシさ加減ですけれども。

今後、日本R.U.S.E界のレベルを飛躍させるdemoの登場を願っています。


http://dots.challonge.com/3v3

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。