ふたりの独歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Grenadier革命

昨日配信で「GrenadierはConscriptに近距離で勝てる」みたいなコメントがあって、それホントなら革命じゃんみたいなノリで検証を始めたら互角というところで、案外悪く無いじゃんという結果になりました。まー実際は補充コストの問題があるので消耗戦するとGre不利なのは変わらないのですが、単純な戦闘だけで考えると近距離に寄られても特に問題ないですね。

遠距離含めてどちらも絶対勝てるということはなく、RNG次第だなーというのが正直なところです。僕が1ヶ月サボってる間にこうなっちゃったのか、それとも長年気づけていなかったのか、いずれにせよキチンとRAW DATAを取得して歩兵間の強弱を確認する必要がありそうです。

僕はこれまで、どのタイトルでも数値データまで潜った上での分析的プレイスタイルを採用したは一度もなく、良く言えば直感・感覚的、有り体に言えば脳筋プレイで生きてきたプレイヤーなので、こういうことは苦手なのですが、今後は少しは頭を使っていこうと思います。

ということで新しい課題

①ユニットのRAW DATAを見て歩兵間の強弱を確認できるようにする

もうひとつの課題として最近考えているのはmapの特徴を掴んだ攻め方、守り方を構築することで、これはJesulin先生のmap研究に触発されてのことなのですが、特に雰囲気攻めは減らして、ポイントを掴んだ攻めをしていきたいと思っています。

課題

②map研究、その内容として
・攻守のポイントを抑える(取ったら強い場所/取られたらマズイ場所の確認)
・序盤キャプチャーのオーダー
・フランクのパターン構築(所定場所からの移動秒数)


あとは情報格差をなんとかしたい。けど方法が思いつかない。

スポンサーサイト

OCFに向けて(その2)

top10の端くれ程度であれば勝てるようになってきたけどJesulinやDevMといった本物(人間辞めた系)と遭遇した場合は許しを乞うしか無いので、次のステップへ進むために上位層と戦って感じたことを整理したい。

①本物でない場合はどこかに弱点がある。Crazymanの場合はマイクロ操作は1、2位を争うけど巨視的視点が圧倒的に足りない。CaptainSPriceの場合は戦略眼はずば抜けてるけど操作量が足りないLennyさんタイプ。joveの場合はどれも平均値より高いけど集中力が途切れる時間帯があってそこ狙われると崩れる。ihittoはjoveに似て平均値は高いけど若干操作力が不足してると思う。

②上位層と比べた時の僕の一番の強みはマップコントロールの良さ。攻守のタイミングが優れてるから相手から見れば「コイツどこにでもいやがる...」状態か、「ウゼエところ攻めてきやがる」になってるハズ。見えないユニット含めて相手の位置を理解し、弱点を攻めるプレイは、上位層ではJesulin(には遠く及ばないもののそれ)に近い汎用性のある戦い方なので、この良さは今後も大事にしたい。
ビルドオーダーも優れてると思う。これはユニット特性をしっかり理解して状況に即した尖ったユニットを作れてるから。前半負けていても優れたビルドオーダーとタイミング感覚の良さで後半巻き返しも狙えるので、最後まで諦めない心を持ちたい。

③上位層と比べた時の僕の弱点はなんといっても操作力の無さ。操作量は平均程度にはあり、理想とするマイクロも頭にあるのだが、現実がそこに追いつかない。大きく原因を挙げるとマップの理解が足りないのとユニットの正確な現在地が把握できていないことから起きているミスで、今後僕には1回1回の操作を的確にこなす能力と、隙間時間を見つけてユニットの位置を確認するマメ男化が求められているのだと思う。それと上位層と戦う経験が圧倒的に不足しているから、特に後半しっかり戦えるか不安がある。大会慣れしていない上にBO3やBO5を戦い抜く体力も不安。

大会初戦まで後10日。人事は尽くすだけ尽くして天命を待つ心持ちで走り抜けたい。Giapとフュージョンできれば無敵なのだが。。。

OCFに向けて

掲題の件、2ヶ月ぶりに課題整理。OCFは次出る大会ね。(Operation Charlie Fox)

☆前回の課題残り
①OKWの1vs1研究(metaとアンチオーダー)
②USFの2vs2練習(応用力を身につける)。
③戦いの形とそれが戦局に及ぼす影響に関するデータ収集。

☆新課題
④正面画面見れるようになったけどその代わりにmap端見れなくなってるから調整する(特に2vs2)。
⑤落ちてる武器、落ちてる戦車を見るときは、自制心を保ち冷徹な心で。
⑥操作したユニットは見ない。そんな暇あったらミニマップ見る。

大会も近づいているので、少し2vの回数減らして1vやっていこうと思います。

課題メモ

・faked base constructionの術を看破する技がたまに使えない件について検証する(冬マップの時?)

・OKWの1vs1研究(metaとアンチオーダー)。

・WMの1vs1練習(アンチオーダー中心に理解を進める)。

・USFの2vs2練習(meta中心に理解を進める)。

・戦いの形とそれが戦局に及ぼす影響に関するデータ収集。

top10はまだまだ遠い。

伸び

暫く更新滞っていましたがcsgoに浮気してましたスミマセン。

3/31パッチから約2ヶ月、まぁ概ね現行仕様で満足していますのでこのまま5月パッチはスルーして頂いて、英軍導入によるバランス崩壊に備えてrelicへの悪口を封印しながら平穏な日々を送っています。ESLはどこへ。

ここ1ヶ月程、2vs2が行き止まりにぶつかったので1vs1へ立ち返り苦行を重ねています。
その甲斐あって、ランク50位くらいなら5分5分の勝負に持っていけるようになりました。ワンチャンあれば10位相手でも勝てる。

これまで序盤は互角でも中盤から崩れ始めて守りがちになる傾向にありましたが、ユニット構成への理解が進み、苦しい時間をアンチユニット中心に耐えることができるようになったのが、勝ちが先行するようになった理由かなと思います。

特にSovは戦術の幅がかなり広がったので、なんでもこい、という気持ちでいます。(top10除く)
今はWMの幅を広げたいなと構想中。それとUSFもそろそろ再開しないと忘れそう。

・・・OKWは2vで頑張ってます。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。