ふたりの独歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーカー 課題メモ

CoH2のバランスが悪く競技性のある試合にならないので、最近はポーカー(テキサスホールデム)で遊んでいます。

l4d2とかR.U.S.EとかCoH2とか、上位5%に入ってたゲームでは一銭も稼げないのに、pokerにおいてはfish(=noob)な僕ですら僅かですが稼げるというのは、世の中の理不尽さを思い知らされます。と言ってもまだ換金してないので現金を取得したわけではないのですが(本当に手に入るのかな?)。

プレイ時間的にはまだ100時間にも達していなくて、SNGオンリーですが、現段階で学べたことと、課題をメモしておきます。

1.学べたこと

①スタック(資金量)の差>腕の差

株式と似ているのかなと思いますが、腕が良くてもお金が無い人は、腕が悪くてお金持ってる人に負けちゃう。
pokerは確率的に正しい行動を取っていても、運悪く負けるって場面があるので、100%正しい行動取れるけど1回負けたらお金無くなっちゃう人と、10%しか正しい行動取れないけど僕ビル・ゲイツですみたいな人が対戦すると、最後はゲイツ勝っちゃうのかなと思います。
CoH2で置き換えると、popが30しかないDevMと、top500が戦うイメージですかね。DevMクラスでもちょっとキツイかなって。

②辻褄があっていない人は嘘を付いている

これを見破るのが大変なわけですが。プリフロップにおけるアクションと、フロップ後のボードの進展と行動を見比べて「これおかしくね?」って気付けるプレイヤーが上手いんだろうなーと思います。
CoH2で置き換えると、WMのjoveがStuartに追いかけられてるのにMinskの細道をリトリートせずに下がっていったらこの先に地雷あるって思うでしょ?勿論平仄が合わないのを逆手に取るパターンもあると思いますが。

③ポジション命

ポジションが良い、つまり他のプレイヤーの後にアクションできるというのはとても有利。②にも関連することだけど、相手からは自分の嘘が見破られない反面、自分からは相手の弱みが見抜ける。CoH2でドクトリンを後から選ぶみたいな感じですかね。
そーゆー意味においてもUTGやアリポジからのブラフや、SBやBBのCBは避けたい。

④低スタックを追い込まない

pokerは強いフリをして相手を降ろし、自分の手札を見せること無くお金を掠め取っていくのが基本戦術かなと思いますが、資金の尽きかけているプレイヤー相手にブラフは全然効かないので、仕掛ける前に相手のスタック量は確認したい。
低スタックの場合だと嘘か本当かわからなくても突っ込むしか選択肢が無いので、最後の一撃はそこそこの手(ハンド)で仕留めたい。
コミットの場合も同様。降りることのできるのは降りる余裕がある者のみということですかね。。。

⑤リレイズは怖い

こっちのレイズに対して更なるレイズ(リレイズ)で返してくるプレイヤーの手札は強い。プリフロレイズにリレイズとか、あるいはフロップCBにリレイズは強い。特にレイズの3倍以上で返してくる場合はツーペア以上が平均かなと思います。フロップ後のリレイズにおける例外は低スタックの場合で、この場合は1hitでも好機だから突っ込んでくる印象。2倍リレイズは判断を保留。これは人とか状況に依る部分が多いのかも。

⑥プリフロオールインは意外に怖くない

っても怖いんですけどネ。開幕オールインはQQ以上あればコールできるかなと。中盤以降でも、流石にビッグスタック級のオールインはワンチャンあるから怖いとして、自分よりスタックが低いミドルスタック級のオールインはAJsでコールしてもいいかなーと思います。KToだったみたいなことが往々にしてあるし、Tポケット相手でも勝率50%あるので。
AA AKみたいなガチ手を即オールインする人もいるけどコールやレイズから入りする宗派も一定数いるみたいなので、入賞間近という状況でもなければオールインに対する警戒レベルは下げてもいいかな、たぶん...

⑦フリプロスチール成功の後はモンスターハンド以外一回降りる

オカルト麻雀みたいな話ですけどそういうつもりじゃなくて、例えばボタンポジでスチールした後にもう一回スチールするとブラファー認定され付いて来られる確率が高い気がするので、調子に乗らないのがいいなーというお話。例えば同じカードが2連続で配られた場合、理論上の勝率は同じになりますが、相手が付いて来る場合と来ない場合とでは事故る確率に違いが出てくるので、「コイツがレイズインするときはヤバイ!」という印象を持たせ続けたいです。

⑧心の平穏を保つ

バットビートに怒らない。オーバーポケットで負けても、ドミネイトで負けても、4%を引かれても笑って済ます。
これに関してはl4d2野鯖やR.U.S.Eフレ戦、CoH2 2v野良で鍛えられた田舎牧師志望の僕に死角はなかった。

2.課題

①嘘を見破る

上述の通り、辻褄の合わない行動を見つけるのがまだまだ下手。
たまに「これおかしくね?」じゃなくて「これおかしかったら勝てるんじゃね」みたいな希望観測でアクションを決めている時があるので、オッズに基づいた行動を徹底したい。

②バレない嘘を付く

今度は自分が仕掛ける場合。辻褄の合わないアクションは取らない。アクションミスしたラウンドは潔く捨てる。


③嘘付いて死なない

退ける範囲で嘘を付く。スタック10BBなのに3BBレイズでCB入れたらコミットじゃねーか!
特にSNG後半はCB代が高いのでレイズは2BBで固定したい。

④ハンドレンジ推測

一番苦手なヤツ。皆なんでこれわかるの???

⑤オッズ計算

暗算できなさすぎて時間が足りない。辛い。

⑥集中力

試合中にネットサーフィンしない。配信すると集中力が高まる傾向があるので、poker配信の頻度増やそうかな。

スポンサーサイト
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。