ふたりの独歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム戦指南-香港チームとのチーム戦から 1-

人を指南する前にリハビリしろと言われそうな私ですが、これから少しずつチーム戦の動画を計2試合分アップロードする予定です。毎回少しずつ簡単なコメントを付随させるので、チーム戦に慣れていない人や、野鯖の人も参考にしてみてください。

1試合目...plab vs 香港チーム(チーム名不明)
経緯:しばらくl4d2から遠ざかっていたtofu(私)とop00naさんの復帰戦ということで、sai3が対戦相手を見つけてきた。対戦相手はl4d2tvtの様なグループで見つけるか、フレンドなどのツテを利用します。味方はどうにかして見つけてください。
サーバーは日本のdd2nで両者合意。相手のpingは100~200台でしたが、ping関連で文句は出ませんでした。どこぞのフランス人とは違ってマナーが良く、気持よく試合ができました。一概に日本の野鯖では外人×の雰囲気が漂っていて、JPONLY鯖も昔と比べて拡充されてきていますが、海外の人の中にも素晴らしい腕を持った方が居ます。日本周辺では、韓国や台湾、香港のチームに所属している人は上手だと思います。mapや先攻後攻はたしか成り行きまかせでダカニ、先攻生存plabになりました。

結果:plabが1500点差で勝利。
chap1は難易度の高い崖下tankでしたが先攻生存のplabはこれを打開し400点の得点ボーナスを得ました。相手はtankをスルーしようと試みますが、一人しか成功せず、得点ボーナスも微々たるものでした。
chap2は生存側はtankで1donwを奪われますが、その後は安定してまたも400点のボーナスを獲得しました。感染者側ではtankで1downしか奪えませんでしたが、着実に体力を奪う攻撃を続けて3人生還、生存ボーナス50点に抑えました。
chap3はコースター前のtankで大ダメージを負ったplabがコースターでも失敗して山をひとつも越えることができずに全滅、香港チームはtankを1downで打開するもコースターの壁は高く、大きな坂を降りたところで全滅しました。
chap4も際どいtank打開を見せたplabは、クレシェンド中に2人が死亡し、2人生存でボーナスも限られたものになりました。しかし感染者側では、tankやwitchといったイベントを利用した攻撃でダメージを与え、クレシェンドで全滅させることができました。
chap5の生存者側は、3度にわたるtankの攻撃を許容範囲に抑え、700点超の生存ボーナスを獲得しました。感染者側でも、生存者の生存ボーナスを低く抑えることに成功し、結果として4200-2700で勝利しました。


前置きが長くなりましたが、動画をどうぞ。



先攻生存者側でまず決定すべきことは隊列です。1番手から4番手まで、HuntingRifle係も決定します。
今回は、雑魚ゾンビ処理に最も秀でたop00naさんを先頭、2番手にMr.2番手の名が高いgappo3,3番手に野鯖proでHRの達人sai3、余った四番手にtofuです。基本的にはこの隊列は維持されるべきですが、隊列を維持することによる利益が消える場合は、その限りではありません。隊列以外にも言えることですが、チーム対戦でテンプレにこだわるのは得策だとは言えません。


さて、chap1の生存者側で気になるのは2点あります。
ひとつは序盤に雑魚ゾンビに絡まれていること。特に橋下の走りでは雑魚ゾンビに10ものダメージを受けています。走っている最中に雑魚ゾンビに周りを囲まれるのは、チーム対戦では避けたいところです。普段は囲まれないハズなのですが...

2点目はtankの処理です。崖下tankは残弾数との勝負になるので、特にHRは弾の保持を意識しましょう。
私は残弾処理に関する意識が薄いので、気をつけたいところです(c2m1崖下、c2m3、c2m4)。

chap1生存者は、ゾンビに絡まれた場面やチャースピ喰らった場面、tank中のチャージャーなど、私が不要なダメージを負いすぎでした。特に何もしてないのに生還HPが50なのは不甲斐ない。VCミスによる先攻しすぎもチームとしては大きな問題でした。慣れている4人でもしばらくl4d2やってないとこうなるのですから、恐ろしいゲームです。

スポンサーサイト

チーム対戦の秋

仮入隊の方とgappo3とunkoさんがplabに来てくれて、チーム戦が活発になったplabですが、連携が甘いというのが実情です。私が山降りて帰ってきてから激noob化してるのも原因orz
自然界に浸っていると、モニターという人工的な出力デバイスは受け入れ難い。本格的に練習再開しないと戻らないかな...。


肝心のチーム戦の結果ですが、試合では勝っても中身で負けてるところが多いです。昨日のTH戦はconfoglの点数ボーナスのお陰で内容はダブルスコア負けなのに点数的には僅差負け、とか。
この際だからさんざん利用してきたconfoglの点数ボーナス叩くけど現在のconfoglはデドセンチャプ3とか、ダカニチャプ4とか、パリッシュチャプ5とかで、波に乗れたチームが勝つ大量のボーナス点を獲得できる。大会のanfi戦とか昨日の韓国チームとの試合とかがその例。昨日のTHもフィナーレでやらかさなければそうなってたのは間違いない。

chap1とchap2でなんとか耐えて、chap3かchap4あるいはchap5のボーナスステージで大量得点して勝つ、というのがplabを何度も救ってきたけど、そろそろ年貢の納め時な気がする。plabの面子は一癖二癖ある人が多くて、波に乗ったら爆発する人も結構いるので(gomiさんとかtattunさんとかsai3とか)、chap1→chap2→chap3とだんだん調子を上げていくのではなくて、開幕からテンション上げていくのが大事かもしれない。そういう意味でメンタル面でのVC活用方法を考えないといけないなー。

今後の更新ですが、とりあえず私とop00naさんの復帰戦で、hongkongチームとの対戦動画をuploadしようかと思います。改めて見るとtofuの動きが超noobで笑えないけど...

coop3

plab恒例、hard eight完結編

part5


あっけなく全滅。疲れが見えるか...と思ってたらkimotoさんがカーテンをしめて本気モードに

part6



憂鬱にーとさんのAEDとhard eight恒例の岩投げ解除により、味方を見捨てたkimotoさんが生還。tattunさんは柵に引っかかりtankに殴られるというサービスを見せてくれました。

皆お疲れー

coop2

このあいだのHard Eightの続きです。

part3


どれだけぐだろうがクリアしてくれるのがこのメンバー。この時点で朝6時ぐらい。

part4



ノーミスクリアかと思いきや神チャー発動で憂鬱にーとさんダウン。part5に続きます。

coop

plabのキャンペーンはハードエイトがデフォルトですが、今回はcoop厨2人にtattunさんとcoop proと噂されるN氏を加えて遊びました。ちなみに私はspectateしてます。

part1 見所はtank時のN氏の行動。




part2 見所はhantsukiさんとkimotoさんの神プレイ。


part3と4はエンコードが追いつかないので後日。

国際試合

またdd2nで香港vs韓国の試合を見つけた。スワンプだったので私には詳しくわからなかったんだけど、両チームとも上手に思えました。


いつか国際試合したいなー...と思いつつ野鯖で遊ぶ毎日。大会前後からtvtできてないので、はやいところ新規メンバー集めたい。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。