ふたりの独歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.WHOEiZz杯

R.U.S.Eの世界大会が開催されたので、REAとしても参加しています。
某動画サイトに全試合を投稿しようと企んでいますので、世界のレベルってどんなものなんだろーと興味を持った方は、是非ご覧下さい。

しかし、もともと主催者兼海外No.1クランの代表という立場にある.WHOEiZzが所謂「俺tueeee」をしたかったのが開催理由の9割方を占めているせいか、初戦は予想通りお察しのレベルでしたので、nyanko、kagetoraという日本の双璧を抱えている我がチームの実力を十二分に発揮できる回数は少なそうです。

それどころか、出場メンバーのdemoを見ていると、R.U.S.Eというゲームの「性質」を把握することが、ここまで疎かにされていたのかということに愕然としています。

もっと残念なのが、この大会レベルのプレイヤーより上手な日本人となると、両手で数える程度にしか居ないだろう、ということです。

今回の世界大会は、狭い狭いR.U.S.E界に、「ダメな試合」と「良い試合」の差を、明確に理解させてくれるチャンスだと思っています。今まで投稿した動画の中で、まだマシなプレイをしているのはNo Unitぐらいです。
もっとも、それでもSMGのリーダーであるsteve君に、試合後「(俺のチームは)あんなnoobに負けやがって...」と言わしめた程度のマシさ加減ですけれども。

今後、日本R.U.S.E界のレベルを飛躍させるdemoの登場を願っています。


http://dots.challonge.com/3v3

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。