ふたりの独歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

alien comの悪手と良手

RTについて、marineと比較してalienは建設が難しく、ゴジトンはgateと比べて一般化されていないことから守りにくくもある。このため、gateを通じて集団行動をするmarineにRTハラスされ続けるのがNS2JPでのalienの負けパターンの一つだと思います。

これをcom視点で解消する一手として最近注目しているのが、開幕にupgrade(特にcara)を入れる戦術。hive変形代を含めて45resを消費し、開幕shadeと同じく悪手と思われがちなのですが、alabのコストがupしたこともあり開幕から長期間marineに対して優位に戦えます。併せて前線RT付近に回復拠点とゴジトンをセットすることで、味方の能力を底上げでき、alienの勝てる機会がupします。

ただ、開幕のres不足が深刻なのが欠点。drifterすら躊躇するレベルで、2RT目が立つまでが一番苦しいところ。

もう一つ、あまりres不足にならない方法として、開幕lerk eggがありますが、これは個人の能力に負うことが大きいので、RTSの原則から言うと悪手。

RTSはリスクを最小にして機会を獲得していくことの積み重ねなので、今回紹介した作戦は悪手どころかほぼ代価無しで機会を得られる良手で、少なくとも盲目的なブームよりは勝てる機会が多いかなと思っています。

スポンサーサイト

build 245

仕事、仕事の後仕事でプレイできていない間にbuild 245が登場。一見alienが強くなったように見えるけど、いつの間にか床上を走るalienへの減速ペナルティが復活したので、野鯖でもチーム戦でもバランスとしては調度良い形になったと思います。

change logの翻訳は以下

仕様変更

medpack投下に0.3秒のクールタイム追加
(たぶん左上に)現在のmap名追加
スコアボードのフォントを元(Arial)に戻した

map変更

Ware-Serverスタート廃止
Meza-server間の通気口廃止
MezaからNorth Tunnelへ抜ける通気口を高く
Platformのデブリ廃止
N/S tunnel出入り口にambushポイント追加

後Wareとelvの柱に変更あったみたいだけど、まだ何が変わってるのかよくわからない。


medpackのクールタイムは影響あると思います。噛まれる前に投下、なんてことも起こり得るかな。

build 244

まだ実際にプレイはしてないけど、build 244がリリースされた模様。

change logななめ読みでもわかるmarine弱体化、alien強化の流れ。
JPN competitive serverでは現状marineの勝率が7割近いから、歓迎すべきパッチなのかもしれないけど、alien側の戦略が疎かになるのだけは避けたい。本当は現状の仕様でも5分5分の勝負ができるはず。

一応、主な仕様変更を転載しておきます。

・IPコストup (15→20)
・nano shieldの時間短縮(8→3)
・nano shieldの効果up(50%→75%)
・a labのコストup(15/25/35→20/30/40)
・gorge tunnelの研究コストdown(30→10)
・gorge tunnelの作成コストdown(10→5)
・gorge tunnelのarmor up(100へ)

mapの仕様変更は次の通り

refinery
・開幕位置をflow,cont,turbine,smelからランダムに選択。(turbine-smelの確率down)
・cont,chasm,turbine間で通気口新設(守りやすく)
・cont hiveを撃たれにくい場所へ移動
・turbineに防護壁追加(conduit側から撃たれにくく)

mineshaft
・depoのRTをcentralからarcされない位置に移動
・cave,sorting,ope,central,crusherをalien有利に改装
・cavernとpilotのRTを、それぞれ隣接するcc pointの真ん中に移動。
・centralやdepoからgapに行きやすくなった。

後はcomの操作がやりやすくなった模様。
予想だけど、今回のupdateでalienの勝率は4割5分ぐらいまではupします。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。