ふたりの独歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンク追加

・2vs2でチームを組ませてもらっているkawagisiさんのブログを追加しました。参考になります。

・coh2.orgで見ることのできるplayer card(ゲーム内ランク)へのリンクを追加しました。

スポンサーサイト

半分

500時間まで後50hと、ようやく半分が見えてきました。試合運びについては予定通り少しずつ安定してきましたが、まだまだ思うような勝ち方にならないし、実際に勝率も伸びていないので、ゲーム性と層の深さを感じています。

定期で覚書を投入しているので、この辺りで再度課題を更新しておこうかと思います。

<課題>
・給料(MP)分働く
・複数方面での戦闘操作と、前線と後衛の思考切り替え。
・味方との連携。攻め時と守り時を理解して試合の流れを作る。
・リトリートは甘え。戦場にユニットを残す。
・視界(recon)とれていない場所からの危険予知。
・コマンダーを覚えてdoc戦争に勝つ。
・キャプチャは2人でできる。補充要らない。
・2種類のSUと、ISUの使いこなし。
・地雷戦を制する。
・戦車とスナイパーと固定兵器は移動する。
・全popに対する大まかな兵科の割り当てを行う。

ドイツ軍コマンダーの判別方法に関する調査結果

ナンダカ重々しい件名になってしまいましたが、ドイツのコマンダー判別方について報告します。

現状有料DLC登場等で就職難気味なCOH2コマンダー業界(なんと19種類!)ですが、赤軍が注意すべきユニットは「Tiger Ace」及び10.5cm artilleryだと思います。(Tiger Aceは弱体化したけど。)特に相手が長距離砲撃を持っていないことが予めわかっていれば、こちらは砲撃docを選択する等、戦略面で優位に立てるので、この2種類から判別できるようになるべきだと考えます。

まず、既に出しちゃいけない厨ユニットを生み出してしまったSEGAの歴史的悪行として名高い「Tiger Ace」についてですが、こいつの指揮官はElite Troops Doctrineただ一人。青色の制服を来ているので判別は簡単です。

elite-troops.jpg(数ヶ月間RTSのゲーム性を破壊した極悪人)

ただ、同じ青色の制服を着ているということで Luftwaffe Supply Doctrineと見間違える可能性がありますが、Elite Troopsみたいに太ってないので。

luftwaffe-supply.jpg(目の輝きも違うので。)


次に10.5cm砲ですが、これを作れるコマンダーはFestung Support Doctrine、Storm Doctrine、German Mechanized Doctrine、Joint Operations Doctrineの4人。

この内、Festung Support Doctrineは赤のよだれかけをファッションと勘違いしているので痛々しさが目立ちます。
彼は自称coh2界のファッションリーダーですので、非常にレアなmortar-half-trackとstuka smoke-bombsを持っているところも特徴です。ええい忌々しい。
festung-support-doctrine.jpg(絶対によだれかけに違いない!)


Storm Doctrineはそれよりはマシですが、首から赤い入門証をぶら下げている点、御堂筋沿いの会社員です。

storm-doctrine.jpg(こんな感じの方、お昼時によく見かけますよね。)


尚、Blitzkrieg Dcotrineも赤っぽい入門証をぶら下げていますが、彼はヘルメットなので工事現場で勤務しているブルーカラーです。coh2の世界にもホワイトカラーとブルーカラーがあったなんて!
blitzkrieg.jpg(こちらもお昼時にコンビニで見ることができます。)


それと、coh2にはあまりの激務で家に帰れず、おヒゲを剃れないリーマンもいます。
彼は唯一徹夜サビ残AGが出せるということで、将来有望な社畜ですね。

mechanized-assault-doctrine.jpg(平均的ブラック社員。目が、死んでいる...)


話題が日本における会社員の種類にそれましたが、3人目のGerman Mechanized Doctrineも工場勤務ということでヘルメットを着用しています。でもどうやらカビが生えているようで、ルーズ感が際立ちます。

german-mechanized_20140308015440442.jpg(このヘルメットはお洒落なのか?)

最後はJoint Operations Doctrineです。彼を判別するには、2箇所確認項目があります。
1点目は、ホシはトレンチコートを愛用しているということです。

joint-operations-doctrine_201403080955017e5.jpg(たぶんトレンチです。)


ですが、他にもコートを来ているのはFestung Armor Doctrine、Fortified Armor Doctrine、German Defense Doctrine、German Mechanized Doctrine、Lightning War Doctrine、の5人。流行り過ぎです。

festung-armor-doctrine.jpgfortified-armor-doctrine.jpggerman-defense.jpggerman-mechanized_20140308095842350.jpglightning-war-doctrine.jpg(まぁ前線寒いし・・・)

ですので、2点目として黒ツヤの帽子を探します。コートを着て、かつ黒ツヤの帽子をかぶっているのは彼だけですので。

ロード画面の間に上記の確認を行う必要があるのですが、全員SSDの場合は快速でロード完了→画面切り替えとなるので、僕としてはHDD派が絶えないことを祈るばかりです。それとこれ以上数が増えないことも。。。

試合開始後の判別方法については、次回の宿題にしておきます。

shadowplay

ようやく1TBのHDDを購入したので、紆余曲折ありながらもR.U.S.E時代で止まっていた動画投稿を再開することができました。



最後の投稿から1年も経っていると、いろいろメンテナンスが必要な様で、まず愛用していたキャプチャーソフトgregion先生がdxlvl11では働かないとの仰せで、いきなり出鼻を挫かれました。
仕方なしにWR時代に使用していたdxtoryを引っ張りだして来るも、いまいちシックリ来ず、2、3のキャプチャーソフトを試すも満足はできず、諦めかけたその時、NVIDIAさんが覚醒していることを発見した次第。

問題というか先進的なvfrで録画されるので、並みのエンコードソフトでは音ズレが起きてしまうところと、なんといっても無圧縮aviではない点が玉に瑕ですが、ゲーム中に負荷を感じずに録画できる時代になってしまったということですかね。

動画は、当時rank136位のNanoha Takamachi選手に振り回されながらも、歩兵は地雷とスナイパー、戦車は砲撃とラミングで潰して勝利した試合になっています。

操作量と試合のヨミがまだまだ甘いですね。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。