ふたりの独歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2vs2の手引 東独編

たまには続き物を書こうと思い、「September 24th patch」における2vs2の戦い方を4つの陣営毎に紹介していきます。

予めご了承頂きたいことは、僕はpatch毎に最適な戦い方というのがあり、単純に定石を暗記するだけでは、長い目で見て勝ち続けることはできないと思っています。
なので、こういった葉末よりはゲーム性の理解を優先させるべきというのが持論ですが、物事を始めるにはまず形からという言い伝えもありますので、右や左ぐらいはわかっているプレイヤーの成長の一助になればと思い、紹介しています。

1.東独の特徴

T1とpak40を中心に深い陣地構築力を持つ一方で、P4、Pantherの速攻で電撃戦も可能、更にTiger、Elephantといった重戦車も揃い踏みの東独は、相手がどのような策を取ってきても十分に対抗できるポテンシャルを持っています。
各種ドクトリンから繰り出されるair raidも強力で、キチンと選べば大抵のドクトリン戦争には勝てます。

ただ、東独はこの「キチンと選ぶ」のが難しく、なんでもできる反面バランスを崩すとすぐガタガタになって負けてしまう危うさも持っているので、焦らず戦況を見極め、ポイントポイントを抑えた選択ができるプレイヤー向きと言えます。

また、このゲームの特徴の一つである諸兵科連合が一番しっくりくるのがこの軍隊。初心者はまず東独を使うことをオススメします。

2.基本戦術

「重要拠点を守る」、「弱点を突く」の2点を相手より正確に行い、徐々に相手を追い詰めていくのが基本戦術になります。

序盤はT1の充実を待つ意味を兼ねてゆっくりと展開していき、敵と味方の状況を見てT2、T3と後出し判断で出していきます。尖った軍では無いので、尖ったことはせずに、相手に合わせてユニットを選択していくことが重要だと思います。

ベース歩兵grenadierは遠距離戦で無類の強さを発揮し、panzerfaustとrifle grenadeを常備している上にupgradeでLMGを装備できる、おまけにbunkerも建設できるなど万能ユニットなので、開幕は彼を呼びながら相手の構成を確認していきます。
そしてgreで勝てるなら単純にgreを追加、勝てなければmgを呼ぶ、bunkerやmg等で陣地構築の構えがあるなら、mortorやsniperを召喚する等、基本的に後出しジャンケンで進めていきます。

弾薬が120程度まで達した段階でT1 upgradeを入れてLMGを装備させていきます。以前のpatchで弱体化されたとはいえ、陣地を「維持」する程度であれば今なお有効です。序盤はざっと目分量で40%程度前線を維持できていれば、まずますでしょう。

T2でも状況に応じたユニット選択をしますが、ここから中盤に入り、相手も戦力が拡充し始めるので、上手く諸兵科連合を組み合わさないとガタついてしまいます。
ポイントはあくまで「前線を維持できるかどうか」で、相手を追い返す力が足りなければpgやsdkfz、前線維持が必要であればhalf truck、敵車輌が出ていればpak40を呼び寄せます。
あくまで目安ですが、「リトリートさせられた原因」のアンチユニットを出すようにしていくと、大体合ってくるかと思います。

T2からは前線を少しずつ上げていきたいところですが、無理は禁物。東独は設置型ユニットが多いので、相手陣地内でユニットをロストしてしまうと、敵軍に奪われてしまいます。greを先行させ、後ろからmgやmortor、ATでカバーすると言った重厚感たっぷりのプレイイングで占領域をじわりと広げていくことが肝心です。
また、常に挟撃を想定し、味方と連携をとった配置や、広く浅いユニット展開を心がけることもポイントです。ワンポイントでmg bunkerを作るのも可。

次に戦車戦ですが、upgradeのタイミング自体はそこまで難しくないものの、T3にするかT4まで我慢するかが悩みどころです。

基本的に燃料が互角ならT3からP4を出していけば対歩兵、対戦車どちらに対しても安牌といえば安牌なのですが、燃料負けでIS-2やISUが出て来る雰囲気であれば、T4 PantherあるいはT2で留めておいて、AT spamかドクトリン召喚もありです。特にATは4カ国中最強で、panzerfaust+P4+ATの組み合わせでIS-2すら狩れますので上手く使いこなせるようになりたいところ。

防衛的に運営するElephant以外の戦車を出した場合は、重要な拠点をmgとLMGで守りつつ戦車を中心として別働隊の打撃群を作り、電撃戦に移行していきます。操作量と後半の集中力が問われる局面ですが、こればっかりはRTSでは避けられないので、上達するしか無いかと。
尚、Panzerwerferという手もありですが、現行patchでは時と場合を選びます。

3.ドクトリン

東独は上述の通りドクトリン抜きでもユニットが揃っており、依存度は他国と比しても高くない方だと思います。
開幕Elite、Ost、AGなど攻めていくのも一興ですが、相手docのカウンターを意識した選択をしていくのが無難です。

具体的にはISUや砲撃に対してはElephantとStukaが出せるJaeger Armor 、blobに対してはCASやAssault Support、mortor合戦にはSpearhead、USSRのT1spamに対してはOstが有効だと思います。
燃料が無くてもうどうしようもないときでもTiger Aceを出せば一発逆転が狙えることもあります。

ちなみにair raid は弾薬を十分確保しておかないとジリ貧になるので、過信はNG。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。