ふたりの独歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かわりすぎ

再びこのカテゴリ使うことになるとは思ってもいませんでしたが、約2年ぶりにNS2やってみたので感想をば。

思っていたより進歩しているなぁというのが実感。残ってる人は(少しずつだろうけど)研究を重ねていたようです。
流石に8人目のalien作戦は採用されてないっぽいけど、lerk/fade/goji tonというエイリアン三種の神器が評価されるようになっているし、盲目的なgate 1stが悪癖だってことも理解されてる。rissさんが開幕A lab入れはじめた時は感動すらおぼえた。RTSの原則から言えば開幕のResは武器upgradeかA labだよね。

それと僕が気付けなかったところで、攻撃された拠点にscanを入れるのは良い手だと思いました。たしかに相手の数と種族で対応変えるべきだからまずは偵察すべきですね。scanはたしか3resだったと思うんですが、これぐらいならバンバン打っても問題なさそう。

気になったところはalienの2nd hiveはちょっと遅いかなというか慎重を期すと書く方が正確かもしれませんが、leapやbileは遅めでもいいっていう共通認識ができたのか、それとも2nd立てなくても開発できるようになったんですかね。upgradeが三段階になったからそっちの方にres取られているだけかもしれませんが。あとshift eggバラマキスパムが消えたのは何故なのか。どこかで技術が潰えたのか、それともshiftの仕様が変わったのか。

とまあやってもいないcom視点の話ばかりになりましたが、僕がプレイを止める原因となった人の少なさは少しも改善されていないどころか悪化していてJP鯖過っ疎過疎なので、大人気になるのはNS4か5になってからではないでしょうか。イヤホントニイイゲームナンダケドナー。

最後にタイトル回収しておくと新武器、新設定、新マップ、新仕様といろいろ変わりすぎてわけわかんねー。

スポンサーサイト

PumaのAimed Shotについて

掲題の件、昨日の配信で検証した結果、大体の事実は把握できたので報告。

OKWのPumaはvet1からAimed Shotを撃つことが出来ますが、対象のユニットによって効果は異なることがわかりました。

まず説明文に書かれている「回転砲塔を一時的にジャムらせる」という効果は、USFではM10以上のユニットにのみに与えられます。つまりStuartに打っても効かないよってことで、M10未満のユニット(スコット含む)には代わりにエンダメが与えられるようです。

ややこしいのが対ソ連に用いられた場合で、回転砲塔へのダメージはT-34以上の戦車(ただしSu-85を除く!)とT-70に与えられるようです。

M5等の軽戦車や、Su-76にはエンダメが入ります。何故T-70が回転砲塔で、Su-76がエンダメなのかは不明。たしかゲーム上の装甲値は同じだったハズですが。

更にややこしいのがクルーショックの効果もあるというとで、Su-76とSu-85にはこれが与えられています。つまりSu-76にAimed Shotを使えば、クルーショック+エンダメが入るということで、Su-85も単騎凸ならクルーショックからの後ろクルクルが使えそうなので、Puma狩る場合はT34で行くかもしくは大人しくAT出せってことですかね。

8/20 試合結果

ヨーロッパタイムに起きてきてプレイしてみた。
深夜3時とかに配信しても意味なさそうなので結果を残しておきます。

①1vs1 :USFで3勝、WMで1勝

USFは4勝だったかもしれない。REスパムのオーダーを試してみたかったけどあまり相手が上手くなかった。1試合だけjotheとかいう100位くらいのOKWとFaymonvilleでマッチしたのがあって、それが一番激戦だった。狭いマップではREスパムの効果は薄い。あそこは無難に3rifleの方がいいかな。それとP5までなら中尉大尉からcall in M10でも戦車戦いけそうということがわかった。
WMはIronFoxとlangreであたって、結構厳しい勝負になるなーと思ったら相手T1ダブルスナ+ガードという奇策だった。222出したら終わった。やりたいことはわかるのだが・・・。

②2vs2:OKWで1敗

MinskでAllstar相手。こっちの味方askimだったので勝てる試合を落としてしまい申し訳ない限り。僕のFlak車が死んでしまったのが最後まで響いた。それと4駆がJacksonに勝てなかったので抗議したいんだけど窓口どこ?

OCFに向けて

掲題の件、2ヶ月ぶりに課題整理。OCFは次出る大会ね。(Operation Charlie Fox)

☆前回の課題残り
①OKWの1vs1研究(metaとアンチオーダー)
②USFの2vs2練習(応用力を身につける)。
③戦いの形とそれが戦局に及ぼす影響に関するデータ収集。

☆新課題
④正面画面見れるようになったけどその代わりにmap端見れなくなってるから調整する(特に2vs2)。
⑤落ちてる武器、落ちてる戦車を見るときは、自制心を保ち冷徹な心で。
⑥操作したユニットは見ない。そんな暇あったらミニマップ見る。

大会も近づいているので、少し2vの回数減らして1vやっていこうと思います。

ソビエト ベース看破方法について

現行パッチからベースの建設痕が見えなくなりましたが、以下の方法により確認可能なのでお知らせします。

着目するのは建設完了した際に浮き上がる経験値表示です。
ソビエトのベースは建設に必要な資源量に差があるため、獲得経験値が異なります。

①T1の場合:360XP
2015-08-13_00001.jpg

②T2の場合:410XP
2015-08-13_00003.jpg

③T3の場合:640XP
2015-08-13_00005.jpg

④T4の場合:690XP
2015-08-13_00006.jpg

つまり、ソビエトのHQエリアをじーっと見続けることで、どのベースを建てたか判断できるというわけです。
勿論、試合中にそんなことはできないので③④はほぼ確認不可能で、実際には開幕T1/T2/consの判断にしか使えませんが、それでもkubel出す出さないの判断等、かなり重要な情報源だと思います。

他の陣営も同様にして経験値表示されるので運が良ければ見えます。実用性はありませんが。
ちなみに、経験値は雪の上でも表示された(と思う)ので、対策方法はないと思います。
せーぜー建設タイミングずらす、建設位置をベースから離す、くらいですかね。

7/21 patch総評

ようやく今回patchについて書けるようになりました。

どんどん難解になっていくゲームを見て、付いて来れない人がでてくるのではと危惧したりしていますが、幸いなことに日本のトップ層(と言っても5人くらいだけど)はお互い連絡を取れているので、この先生キノコることができそうです。

総じて言うと、call inが消えたこのパッチの1vは負けたら大体負けた人の責任です。WMは少し辛いですが。
2vは枢軸が15%程有利になりました。Brickmanさんとプレイしても前patchまでは存在した「負ける要素」がことごとく消えていると感じるので、top10に入っている人なら、普通にやっていれば負けないかなと思います。

まず1vですが、枢軸陣営は最速M5という悪魔に立ち向かう必要が出てきました。
僕が見た中で最速は6分11秒ですが、使っていたプレイヤーがJesulin、相手がGiapだったと思いますので、大体どういうことなのか想像が付くと思います。前patchみたいな感覚で1v回すと枢軸は死にます。。。スキルで勝っているのに試合で負ける唯一のパターンがこれで、一時は苦しくなるけど急ぎ(というかほぼ最速で)Pak40を召喚する必要あり。

米帝さんは流石に即シャーマンは姿を消し、早めstuartが関の山という感じになりました。彼はWMの地雷でワンパンですし、222も2台出せばワンチャンあるのでなんとかなります。USFは超絶nerfというわけではないですが、上手いプレイヤーに使われると怖いのは、ソ連の方かなと思います。

対する枢軸サイドは、今回ただ一人無罪放免されたOKW君が相対的に使いやすくなっていると思います。M5もT-70もATのカモフラが使えますし、地雷やシュレックのことを考えるとWMよりは楽に戦えると思います。これでOKWの一人負けも消えたかな。

ここまでで大体察して頂けると思いますが、WMは辛いです。対ソ連については前patch以上に序盤(というかM5とT-70)がかなり苦しくなったのと、USFに対しても序盤辛いことには変わりないので、立ち上がり~P4出るまでの対応が引き続き課題となっています。個人的には開幕MPが増えたこともあって、greスパムが一番なのではないのかなと思っています。ただSniperが事故るとggったりしますので、その辺は変わらずといったところ。

次に2vの枢軸は極めて有利というわけではないのですが、ソ連の10分カチューシャ消えたのと、T34が遅い(P4と同じぐらい!!!)ということで、中盤押し込められる要因が減ったことが勝率改善の原因だと思います。対USFについてはシャーマンが一寸遅くなった程度で、そこまで影響はないと思います。
連合サイドは中盤の組み立て力が要求されるようになりました。定番はM5ですが、当然2vは彼だけでは抑えられないので、ATを出すのか、Su-76なのか、guardなのか等、場を読んだプレイが必要です。前patchと同じくM3A1+120mmが鉄板っぽく、これにfastest M5を出してAT連打のカチューシャ待ちが無難かなと。
T34-85さんはメッキリ見なくなりました。お別れ会した甲斐がありましたがkawagisiさんが「あの子を返して...」と嘆くのを聞いているとフクザツな気持ちです。

結局のところ、前patchのときに書いたとおり、「主導権を握れる軽戦車・中戦車系のユニットを活用する、あるいはこれに上手く対処する力が求められて」いるのだと思います。ワンクリックblobやカチコチKT、IS2連打、call-inゲーを経て、なんとまあお高尚でおフランスの軍事理論みたいに精緻になられたことでしょう。(*フランスの軍事理論が精緻かどうかは知りません)

とまぁ最後は若干茶化してしまいましたが、競技性を求めているプレイヤーにとっては望ましいpatchなのだと思います。ただ、その一方で、英軍導入まで残り1ヶ月を切ったこともあり、ライトユーザーや新規参入者向けに、橋渡し的なものが必要なのかなとも感じています。

それと言い忘れていましたが、終盤のSturmtigerと152mmが強いので、ドクトリン選択は慎重に。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。