ふたりの独歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tの情報収集について

掲題の件について提案があるので書き残しておきます。

動き:
①開幕後散らばってAサイトとBサイトを守っているCTの人数情報を取る。人数情報取れなくても残り1分ぐらいまで情報収集の努力を続ける。

②CT5人の位置情報を元にIGLが進行ルートを判断する。(A/B/A挟み/B挟みの4通り)

③進行ルートと反対方向にいるプレイヤーの内、少なくとも1人は釣り係として残り暴れる。

②③についてはまだあまり考えがまとまっていないので後日にして、今回は①についての詳細を下記します。



①の詳細:
・具体的な方法としてはラッシュFBやSGを入れたり、あるいは壁抜き、煙抜きをして、その返答で人数を判断する。
例えば開幕SG入れてきて、消えた頃にもう一つ飛んできたらそれは2人いると仮定する(もちろん最初のSG入れたプレイヤーが別の場所に移動している可能性もある。サイト間の移動に15秒かかるとすれば、情報の鮮度は10秒ぐらい)。また、AWPとARが飛んできたらそれも2人いることになる。

・1人より2人で行動したほうが本気度が相手に伝わり投げ物を返してくれる確率が上がるので極力2人1組でAとBをつつきたい。
2人で行動するその他のメリットとして、相手からの返答が無い場合にちょっとサイトを覗くことができる(Tにおける1-1交換は推奨される)。ただし、2人の内1人はその後本命の攻めに参加する必要があるため移動のタイミングが難しい。

・サイト内を除き、CTが1人でA/Bを守れるポジション、あるいはA/B確の判断ができるポジションは必ずクリアしておく。
例えばinfeのbananaやd2のAL pit、mirageのhighmid、cacheのmid(本館前)などをCTに抑えられるとA/BどちらにTが向かうかがバレてしまう。
あくまで必要な情報はサイトを守っている人数なので、出先のポジションは先に潰す必要がある。特にinfeなど、出先ポジはCT有利になっていることもあるのでその場合は3人ぐらいで取るのが前提になってくる。

・注意事項としては前に出すぎて死なないように注意することと、CTが顔出した時に倒せるようにちゃんとAimを置いておくこと。


利点:
・T1人でCT2人を釣ることができ、A/BどちらかのサイトにT側が固まることで最低でも4vs3の状況が作れる。
・本当にラッシュする場合の成功率が上がる。
・裏詰めに対して心理的な抵抗感を与えられる(結果として時間稼ぎになる)。
・派生戦法として詰め待ちも可能(あれっ、banana何も来ないやん!今回はAやなー押したろ →待ってました)。

欠点:
・せっかく情報取れてもIGLの判断が遅い、判断後のプレイヤーの動きが悪いと普通に寄られて終わる。



補足:
即席チームとかで人間関係に慣れてないととりあえず皆固まるかということで最初から(例えば)A側に5人固まっていることがよくある。これは各個撃破されにくいという点で利点ではあるが、相手が上手いとB側ワンオペ守りのA4人とか、もっと上手い相手だとB側の人が裏詰めしてA確されてからの挟みがある。
逆に言えば自分達のチームがCTの時、Bサイトにアクション皆無なのに2人でサイト篭ってるなんてことはナシにしたい(Aが死ぬ)。

スポンサーサイト

cache Tのmid攻めについて

掲題の件について、気づきがあったのでメモ

①1分20秒~1分くらいまで以下5箇所の詰め待ちをする
・Bmain
・本館前
・ブースト
・Amain
・Aドア

ブーストとAドア方面は忘れがちになるので要注意。B mainはT baseから見ても問題ないが、A mainは詰められると侵攻先読まれるのでしっかり取っておく。

②詰め待ちしている間に情報を取る(投げ物+壁抜き)
敵を倒すことより死なないことのほうが重要。(midに割ける戦力少なくなるから)

③ある程度時間が経ったら最低3人でmidを取る
Bmainの人を残して4人で取ることも。ブーストと本館両方から出る。
この時が勝負の分かれ目になるので投げ物使いまくる。mid詰めでブースト下にいることもある。特にブーストから行く人はmoloを忘れない。

④midが取れたら下の(1)(2)どちらかを実行する

(1)midを1人に任せて寄り狩り係とし、Aを4人で攻める。
この時クランクやhighway側にSmokeを投げてあげるとmidの人は寄り狩りから挟みに移行するタイミングをつかみやすい。

(2)ventから3人Bに流れ込むのと同時にB main側からも2人でアクションをかけて5人でB中を潰す。
ただしT baseからB mainを見ている状態であればブースト下のプレイヤーが移動する時間も含めてB main側からの侵攻に時間がかかる。

⑤相手がmidを2人にしてきた時は、A5人B5人の攻めを入れて惑わす


利点:midを取れればほぼ相手は寄れない(寄るのに時間かかる)ため人数差を付けて勝負できる
欠点:mid取れないと詰む

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。